保護猫との生活を綴ります

元野良猫を保護し、猫の多頭飼いしております。2020年、はやとちりから、保護猫との生活を始めた男の日々。あれよあれよ、と、二猫、三猫となり、2020年6月に、四猫となりました。猫との生活、猫の行動、猫の食べ物や病気、等等、保護猫との生活にて感動した事などを綴ってきます。野良猫として生を授かり、保護猫として命を全うしていく、四猫。2022年、都内に戸建て物件を購入し引っ越しをしました。2022年5月31日、五猫となりました。

【チビについて】【四猫 多頭飼い】

次ニャン坊のチビについて。

f:id:sannekoyonneko:20200529171759j:image

チビとの出会いについては、以下をご覧ください。

sannekoyonneko.hateblo.jp

 三猫(今のところ)の中で、一番猫っぽいというか、気まぐれ、で、手が掛かります。

自分が遊んで欲しい時、

一番最初に、私にチョッカイ出してきます。仰向けで寝てる私の胸あたりに乗ってきて、スマホと顔の間に頭を入れてきます。

その時に構ってやらなければ、クロにチョッカイを出し、クロに怒られてヘソ曲げて、そのあと、さんた、に、チョッカイ出して追いかけっこをし、さんた、に、

シャーッて言われて。

それでも飽き足らず、再度私に乗っかってきて…

f:id:sannekoyonneko:20200529171935j:image

気付いたら、一番最初に寝てます。

自分が眠くなったら、何をしても起きません…

また、三猫の中で、病気になるのもチビが圧倒的に多いです。

チビの病気に関しては、以下の2つをご覧下さい。

sannekoyonneko.hateblo.jp

sannekoyonneko.hateblo.jp

エリザベスカラーをつけた時、真っ直ぐ歩けなくなって…

とか、ホント、チビには手が掛かります。

そんなチビですが、猫社会をうまく形成してくれる、潤滑油のような存在になっているのは間違いありません。

クロとさんた、は、性格が似てるのか、仲がそこまで良くありません。

ただ、チビの存在がある事で、

クロチビさんた

の猫社会が良い感じになってると感じます。

クロとチビは随分前から、今も一緒にネンネします。

f:id:sannekoyonneko:20200529171739j:image

ほぼいつも一緒です。

ホントの兄弟のようです。