保護猫との生活を綴ります

元野良猫を保護し、猫の多頭飼いしております。2020年、はやとちりから、保護猫との生活を始めた男の日々。あれよあれよ、と、二猫、三猫となり、2020年6月に、四猫となりました。猫との生活、猫の行動、猫の食べ物や病気、等等、保護猫との生活にて感動した事などを綴ってきます。野良猫として生を授かり、保護猫として命を全うしていく、四猫。2022年、都内に戸建て物件を購入し引っ越しをしました。2022年5月31日、五猫となりました。

猫の吐き戻しについて。我が家の次ニャン坊チビの吐き戻しはフードを変更したことで落ち着き始めました。

過去何度か投稿していますが、

次ニャン坊チビのご飯の吐き戻しについてです。

吐き戻しが連続で起きたり、落ち着いたり、また再発したり、と、チビだけ吐き戻しについて苦慮しています。

過去の投稿は、以下を御覧ください。

sannekoyonneko.hateblo.jp

sannekoyonneko.hateblo.jp

sannekoyonneko.hateblo.jp

このような形で、改善されたり、再発したり、また改善したり、というのを繰り返し、再発しました

という記事を投稿してから後、また落ち着いている状態です。

猫の吐き戻し、我が家の次ニャン坊チビの吐き戻しはフードを変更したことで落ち着き始めた

対処は色々行っていますが、ここのところ、落ち着いているのは、以下画像のご飯に固定したことが起因していると感じております。

吐き戻しが改善した、セブンアンドアイの猫のご飯

吐き戻しが改善した、セブンアンドアイの猫のご飯

吐き戻しが改善した、セブンアンドアイの猫のご飯

吐き戻しが改善した、セブンアンドアイの猫のご飯
 

セブンアンドアイのご飯ですが、アイシアとの共同開発されたご飯になります。

改善出来た一番大きな要因は、ご飯の量だと感じております。

内容量は、40gですので、少し物足りない量かと思います。

が、もう少し多い量を給与してしまうと、早食いをして、全て吐き戻すので、食べた量は、0になってしまう事を考えると、この量でも十分満足しています。

元々、それほど食に興味を持たないチビなので、このご飯しか食べないってことはないですが、量はこの40gという量が適切な量だと感じてます。

一般食キャットフードなので、裏面に記載もされていますが、

総合栄養食と併用して与えてください

とのこと。

この総合栄養食と併用して、という部分については、普段私が帰宅する20時頃に、ご飯を食べ終わったチビに、

ちゅーる 総合栄養食、エナジーちゅーる

を給与しています。

f:id:sannekoyonneko:20200901084035j:plain

ちゅーるを毎日給与するのはどうなんだろ・・・贅沢かどうかもそうだが、給与しすぎると、身体に何か良くない影響が出ないか心配・・・

 
 

ちゅーるのパッケージには、一日最大でも4本までの給与にしてください、という記載がありますが、4本も一日で給与してしまうのは、ダメっぽいですね。

 

 

f:id:sannekoyonneko:20200901084050j:plain

これでも改善されない場合は、ご飯の器を、購入した、LickiMat(リッキーマット)に変更してみようね。

 

妻が、チビのために購入をしました、LickiMat(リッキーマット)ですが、 

猫の早食い防止 LickiMat(リッキーマット)

猫の早食い防止 LickiMat(リッキーマット)

今のところ、まだ使用は開始しておりません。まずはご飯の量を調整することで吐き戻しをさせないようにしています。それでも改善されない場合は、このLickiMat(リッキーマット)を使って、早食いを防止し、量とともに、速さにも対処していきたいと考えてます。

 

 

 

ご飯の量と栄養面、そして、ご飯の器、と、吐き戻しについての対策を用意し、これでも改善されない場合、次の手はどうするか、を念のため考えています。