保護猫との生活を綴ります

元野良猫を保護し、猫の多頭飼いしております。2010年、はやとちりから、保護猫との生活を始めた男の日々。あれよあれよ、と、二猫、三猫となり、2020年6月に、四猫となりました。猫との生活、猫の行動、猫の食べ物や病気、等等、保護猫との生活にて感動した事などを綴ってきます。野良猫として生を授かり、保護猫として命を全うしていく、四猫。2022年、都内に戸建て物件を購入し引っ越しをしました。2022年5月31日、五猫となりました。

五ニャン娘みゃあ、動物病院へ行く 愛猫みゃあ、病院への不安と安心の日々

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

以前から気になっていた事があり、五ニャン娘みゃあを動物病院へ連れて行くことになった、

2024/06/15 土曜日

こんなに心乱されることになるなんて、その時には想像すらしていませんでした。

何故動物病院へ連れて行くことになったのか?

その理由は

  1. 排泄が上手く出来ていないのではないか?
  2. 左足に出来ているのは、肥満細胞腫?

この2点です。

前日の夜、妻から一言

f:id:sannekoyonneko:20200901084050j:plain

明日、仕事休み?みゃあを病院に連れて行こうと思うの

 

f:id:sannekoyonneko:20200901084035j:plain

休みだよ。そうね。便秘かも知れないし、左足辺りに出来ているのが肥満細胞腫かも知れないし、連れて行こう!

 

こんな会話をして、2024年6月15日、みゃあを病院へ連れて行く事になったのです。

我が家に来てから、みゃあ、を病院に連れて行くのは2回目です。

前回病院へ行ったのも、肥満細胞腫が出来ているかも?という事で、結局肥満細胞腫でした。

sannekoyonneko.hateblo.jp

五ニャン娘みゃあ、動物病院へ行く 愛猫みゃあ、病院への不安と安心の日々

五ニャン娘みゃあ、動物病院へ行く 愛猫みゃあ、病院への不安と安心の日々

五ニャン娘みゃあ、動物病院へ行く 愛猫みゃあ、病院への不安と安心の日々

キャリーバッグに入ってもらい、自宅最寄りのバス停へ向かいます。

ここからが大変でした。

我が家はマイカーを所持していませんので、公共交通機関を使いますが、みゃあ、キャリーバッグに入ってから、ずうと大泣きです。

落ち着かせる為に、キャリーバッグにバスタオルを掛けてみるも、泣き止まず。

バス停から、バスに乗って、駅に向かいますが、車中でも泣き止まず。

バスの中で他の乗客から声をかけられる事はありませんでしたが、大泣きすぎるので、バスを途中で下車し、病院までタクシーに乗る事に。

バスの中同様、タクシーの中でも大泣きです。

かかりつけ医は、我が家の五猫をいつも診てもらっている信頼している医師です。

早速状況を伝えます。

便秘かも知れない点は、

触診してもらいましたが、それほど問題はないのではないか?

との事。

本当に便秘ならば、触診しただけでも、異常を感じるが、そんな感じでは無さそうとの事。

もう1点、左足部分に出来たモノを診てもらいます。

五ニャン娘みゃあ、動物病院へ行く 愛猫みゃあ、病院への不安と安心の日々

五ニャン娘みゃあ、動物病院へ行く 愛猫みゃあ、病院への不安と安心の日々

細胞診をしてもらいながら、肥満細胞腫かどうか、を判断してもらうと、

肥満細胞腫ですね!

と。

こんなわかりにくい場所、よく見つけることが出来ましたね!

と。

それほど大きくなっていませんでしたが、積極手術を薦めない主治医も、

肥満細胞腫は、出来るだけ早く処置したほうが良い!

との事で、当日手術が可能か聞いたところ、午後処置が可能ということなので、手術をしてもらう事に。

その際にレントゲンを撮るので、便秘かどうかも判断出来ると思いますよ

と。

気になっていた2点に対して、処置してもらえるという事で、一安心です。

みゃあ、抜糸が必要ない処置をしてもらいました

みゃあ、抜糸が必要ない処置をしてもらいました

17時過ぎ、みゃあを迎えに行きました。

抜糸が必要ない縫合をしておきましたので、再度、抜糸で登院してもらう必要はありませんよ!

との事。

元々、引越しをする前からお世話になっている病院です。

引越しをして、自宅から、距離が遠くなった事を主治医は理解していて、そのような処置をしてくれたようです。

ありがたい。

レントゲン写真を見せてもらいながら、

肥満細胞腫は、レントゲン写真を見る限り、他の部位への転移は認められない。

(但し、レントゲンで判断出来るのは、肥満細胞腫が5ミリ以上の大きさなので、転移が他の部分に100%ない、とは断言は出来ない)

便秘に関しては、心配はいらないと思います、それほど、便が体内に溜まってしまっているようには見えない。

と。

みゃあが元々使っていた猫トイレは、2階のトイレなのですが、どうやら、他の場所のトイレを使っているようです。

それぞれ気になっていた点、対処してもらって安心です。

ただ、ここで主治医から。

麻酔からの醒め、が、あまり良くないのです!

と。

肥満細胞腫の手術自体は1時間もかからない処置で、使用する麻酔の量もそれほど多く無いのだが、醒め、があまり良く無い

と。

もう少し、預かっておくことも出来ますが、見守っておく事しか出来ないので、どうしますか?

と。

みゃあ、の様子を見てみます。

興奮しきったのでしょうか?瞳孔が開きっぱなしで、私の呼びかけにも、いつものような反応をしません。

遠くをみているような感じです。

ただ、私や妻の事は認識してはいるようで、手を出すとスリスリはしてきます。

自宅に連れて帰り、様子を見守る事にしました。

我が家は基本的に、部屋の行き来は自由にしているので、ドアを閉め切る事はありません。

が、今回ばかりは、他の猫氏がみゃあにちょっかいを出すのは危険かも、と判断し、私がそのまま様子を見ておくとこにし、部屋を締め切って、時々、みゃあ、に声を掛けます。

瞳孔は開きっぱなしです。

2024年6月16日 早朝のみゃあ。エリザベスカラーを装着させられて、不満気味?まだ瞳孔も開いている?

2024年6月16日 早朝のみゃあ。エリザベスカラーを装着させられて、不満気味?まだ瞳孔も開いている?

この写真は、2024/06/16 6時頃の写真。

深夜にエリザベスカラーを装着しておいたのですが、まだ、瞳孔は元に戻っていないような感じです。

ちょっと不満そうです。

エリザベスカラーを装着しているのが、気に食わないのか、ゴロンと横になるような仕草は全然見せず。

術後のみゃあの様子 やっとご飯を食べる気になったのでしょうか?

術後のみゃあの様子 やっとご飯を食べる気になったのでしょうか?

この写真は、7時30分頃の写真です。

エリザベスカラーを取り外し、締め切ってたドアを解放し、暫く様子を見ていると、妻の部屋から、たかんぼ、がやってきました。

みゃあ、は、お腹が空いたのでしょうか、ちょっとだけご飯を食べました。

やっと落ち着いてきたのでしょうか?いつもの場所でネンネし始めました。

やっと落ち着いてきたのでしょうか?いつもの場所でネンネし始めました。

お昼前、いつもの場所に登って、ネンネを始めたようです。

顔つきも、瞳孔も、普段通りの感じになってきたように思えます。

良かった!撫でてみると、いつも通り、

みゃあ!

と声を出して反応してくれます。

みゃあの術後の写真

みゃあの術後の写真

手術してもらった部分はこんな感じです。

激しく舐めたりする仕草は見せないので、エリザベスカラーは外したままにしておきます。

すっかり普段通りになったみゃあ。一安心です

すっかり普段通りになったみゃあ。一安心です

16時頃、いつも寝ている場所で、リラックスして寝ています。

撫でてみると、反応してくれます。

反応の仕方も普段通りな感じです。

すっかり普段通りになったみゃあ。一安心です

すっかり普段通りになったみゃあ。一安心です

どうやら、1階へ自ら降りていったようです。

みゃあ、このカーペットで爪とぎして、毛繕いするのが好きなので、階上から様子を見ていたら、

爪とぎ→毛繕い

のコンボでした。普段通りです。

すっかり普段通りになったみゃあ。一安心です

すっかり普段通りになったみゃあ。一安心です

18時過ぎ

私がソファベッドに横になってスマホをポチポチしてたら、私の膝に顔を近づけて、ネンネを始めるようです。

もう、こうなれば、一安心です。

普段通りです。

麻酔からの醒めが1日近くかかったのか、よっぽど外に連れて行かれて興奮したのか、普段通りに戻るまで、丸々1日かかりました。

この間、ご飯も、水も、ちょいちょい摂取していましたし。

f:id:sannekoyonneko:20200901084035j:plain

みゃあ、よ。 やっといつも通りになったねぇ。 心配してたのよ。

 

みゃあ、いつも通りの姿です

みゃあ、いつも通りの姿です



 

2024年7月8日 術後の経過について、投稿しました。

sannekoyonneko.hateblo.jp