保護猫との生活を綴ります

元野良猫を保護し、猫の多頭飼いしております。2020年、はやとちりから、保護猫との生活を始めた男の日々。あれよあれよ、と、二猫、三猫となり、2020年6月に、四猫となりました。猫との生活、猫の行動、猫の食べ物や病気、等等、保護猫との生活にて感動した事などを綴ってきます。野良猫として生を授かり、保護猫として命を全うしていく、四猫。2022年、都内に戸建て物件を購入し引っ越しをしました。2022年5月31日、五猫となりました。

次ニャン坊チビ、二度目の抜糸に行く

2021年12月7日に、二度目のリンパ腫の手術を行なった次ニャン坊チビ。

2021/12/21に、二度目の抜糸となりました。

今回の手術は、一回目の手術に比べて、比較的浅い場所で、かつ、狭い範囲の手術だったため、3針ほどの切り口でした。

平日の為、今回も全て妻に任せっきり、となりました。

次ニャン坊チビ、二度目の抜糸に行く

次ニャン坊チビ、2度目の手術の抜糸に行く

次ニャン坊チビ、2度目の手術の抜糸に行く

2021/12/21 10時前

妻からのメール

病院到着したよ。今、呼ばれるの待ち。

前回の手術箇所よりも若干胸に近い部分だった為、気になるのか、幾度となく、術後その箇所を舐めていたのが気になります。

妻のファインプレーにより、1週間程度は、変形エリザベスカラーを装着出来ていましたので、その後は舐める事も出来ず、手術箇所も綺麗になっていました。

妻のファインプレー、エリザベスカラーのカスタマイズに関しての投稿は以下でご覧頂けます。

sannekoyonneko.hateblo.jp

2021/12/21 10時10分頃

妻からのメール

終わったよ!

想像以上に早い!!

抜糸なので特段他の検査等はなかったのですが、それにしても早い!良かった!

続け様に妻からのメール

病理検査の結果、二回目の手術により切除した塊、シコリは転移性の悪性腫瘍の細胞が集まってできたモノでした。
今後も経過には注意を。

とのこと。

でも、「転移、再発」とかばかり考えていたら、飼い主である人間がつらいから、普段の様子をよく見てあげて、定期検診をうけつつ、異変をすぐみつけてあげてくださいって。

とのこと。

確かに、その事ばかりを考えていたら、良くない感情に自分自身が支配されてしまいそうです。

悪性腫瘍、リンパ腫の事について調べていた際に、『余命』という単語が嫌というほど目の中に入ってきました。

考えすぎず、定期検査を引き続き行なっていきたいと思います。

また、効果が出るか今のところ未知ではありますが、

コルディGという猫用サプリの給与

を続けています。

コルディGについての投稿は以下でご覧頂けます。

sannekoyonneko.hateblo.jp

更に妻からのメール

元気、食欲、下痢がないか、嘔吐がないか、触れるしこりはないか、を、ふだんから気にかけてあげてね、って。

次回の検診は、一応2ヶ月後、2022年2月22日(火)になりました。

とのこと。

猫好きが高じて、私と妻の結婚記念日が、

2月22日

なのです。

結婚記念日のお祝いは、チビの病気が良い方向に向かう事だね!

と妻からのメール文末に付け加えられていました。

イベントごとに妻はあまり興味はありません。

ただ、今回の結婚記念日は、忘れない日になりそうです。

まだまだチビのリンパ腫闘病生活は続きますが、出来るだけ重い考えにはならず、出来ることを出来るだけ続けていきたいと考えています。