保護猫との生活を綴ります

元野良猫を保護し、猫の多頭飼いしております。2010年、はやとちりから、保護猫との生活を始めた男の日々。あれよあれよ、と、二猫、三猫となり、2020年6月に、四猫となりました。猫との生活、猫の行動、猫の食べ物や病気、等等、保護猫との生活にて感動した事などを綴ってきます。野良猫として生を授かり、保護猫として命を全うしていく、四猫。2022年、都内に戸建て物件を購入し引っ越しをしました。2022年5月31日、五猫となりました。

猫の口臭ケア ナノウェルオーラルケアについて

記事にして暫く経過しますが、我が家では、愛猫の口臭ケアに、

ナノウェルオーラルケア

を利用しております。

初めて購入してから半年以上経過してますので、今は2個目を購入した感じになります。

何故、ナノウェルオーラルケアを利用しなくてはならないかと言えば、

歯磨きの癖付け

を全くやってなく、四猫全員歯磨きが出来ません…

子猫の頃に癖付けしておけば良かった、と今更ながら後悔しております。

猫の口臭ケア ナノウェルオーラルケア

猫の口臭ケア ナノウェルオーラルケア

猫の口臭ケア ナノウェルオーラルケア

過去2回記事にしていますので、ナノウェルオーラルケアの詳細については以下をご覧下さい。

 

◆ナノウェルオーラルケアオススメするポイント◆
・歯磨きの癖付けが出来ていない猫にも効果が期待できる
・ウェットフードに垂らしてもOK
・使用方法が簡単!!

 

 

何故こんなに口臭ケアに気を使うかと言えば、長ニャン坊クロ、三ニャン坊さんた、の口腔内トラブルに見舞われたからことが大きな要因だろうと思います。

 

f:id:sannekoyonneko:20200901084050j:plain

貴方も口腔内トラブルで、毎月、歯医者に通ってるよね・・・

 

f:id:sannekoyonneko:20200901084035j:plain

そうね、もう5年位は通い続けてるよね・・・歯はホントに大切にしなくちゃならないよ・・・

 

人間の場合、歯が無くなると色々支障が出ます、実際私自身、支障が出ています。

幼いころからちゃんと歯磨きをしておくべきでした・・・

猫はといえば、かかりつけ医さんも言ってますが、

歯が無くなったとしても、それほど生活には困らないですね、

と。ドライフードは食べにくくなるだろうけど、我が家の猫氏達は、メインディッシュは、ドライフードではなく、ウェットフードです。

ただ、口腔内トラブルにより、そのウェットフードすら食べにくくしていたり、口臭が激しくなったり、ヨダレが垂れ流しになったり、は、もう2度と目にしたくはありません。

口腔内トラブルの解消にはそれなりの外科手術が必要となり、費用も結構掛かります。

全身麻酔をする必要もありますので、中年から高齢に差しかかってきた四猫には負担もかかります。

長ニャン坊クロ、三ニャン坊さんたの口腔内トラブルについては以下の記事をご覧ください。

sannekoyonneko.hateblo.jp

 

sannekoyonneko.hateblo.jp

 

愛猫に歯磨きの癖付けが出来ていない飼い主の方、ナノウェルオーラルケア、オススメです。