保護猫との生活を綴ります

賃貸戸建て物件で猫の多頭飼い。野良猫を保護し、10年が経過し三猫、2020年6月7日から四猫となりました。

猫の多頭飼いを始める際の準備

猫 多頭飼い

私は、猫との暮らしを10年しており、元々、三猫でしたが、2020年6月に一猫迎い入れて、今日現在で、四猫と暮らしております(あと、妻も1人居ます)

四猫全てが元々野良猫で、保護し、保護猫として生活を共にしております。

保護猫多頭飼いを10年している私が知り得た事や経験した事等を日々更新しております。

単頭飼いから、二猫になった際は、

先住猫の長ニャン坊クロ:2歳

新入り猫の次ニャン坊チビ:数ヶ月

二猫から、三猫になった際は、

先住猫のクロ4歳、チビ2歳

新入り猫の三ニャン坊さんた:数ヶ月

という形で、新入り猫は生後数ヶ月という時期だったので、キャリーバッグや、段ボールの中で数日、動物病院で検査してもらって、問題等なかったので、その後は特に隔離もせず、という状況でした。

三猫から、四猫になった際は、

新入り猫の四ニャン坊たかんぼ:6歳

という状況で過去経験した時ないパターンだった為、以下を準備、用意しました。

 

 

 

準備、用意したもの

 

ペットゲージ

単頭飼いから、多頭飼いになる際に、準備しておいてよかったと感じたのは、妻が購入してくれた

 

 

です。

こちらのゲージは使わなくなったら、コンパクトに折りたたむことが出来るため、収納する際にもスペースを大きくとる事がなく、長期保管も可能になります。

商品が届いた際には、一定期間利用した後、保管することを前提に考えていたため、外箱は、そのままきれいに取っておきました。

ペットゲージ

このような形で箱に収納されており、組み立ても簡単でした。

このペットゲージ、サイズが何種類かありましたが、猫のトイレを入れることを考えると、自宅スペースにもよりますが、大きめを購入することをオススメします。

 

ウォーターディッシュ

また、このペットゲージに装着することの出来る、ウォーターディッシュ

 

 

これが取り付けも簡単で、水の補充も非常に簡単でした。

リッチェル ウォーターディッシュ

このような形で装着しますが、水の補充は、500mlペットボトルを取り外して行うことが出来るため、愛猫に新鮮な水を与えることが出来ました。

ウォーターディッシュの設置時の記事は以下を御覧ください。

sannekoyonneko.hateblo.jp

 

ご飯の器

またご飯の器ですが、

 

 

が良かったです。通販サイト等でも人気のある商品でした。

猫壱さんのご飯の器は、人間工学ならぬ、動物工学に則った設計をされているとのこと。難しい事は私にも、猫にもわかりませんが、ご飯を食べる際の姿勢に無理がないような設計になっているとのことです。

猫壱さんのご飯の器を設置した際の記事は以下を御覧ください。

sannekoyonneko.hateblo.jp

 

おもちゃ(同じものを2個)

また、お互いのにおいに慣れてもらうために、おもちゃを2つ購入して、そのおもちゃを交互に、先住猫、新入り猫に使用して、においの交換を行いました。

 

三猫から四猫になった際に書いていた記事一覧は以下のカテゴリーをご参考にしてください。

sannekoyonneko.hateblo.jp

 

新入り猫の年齢が比較的高い場合に直面している方のご参考になれば。