保護猫との生活を綴ります

元野良猫を保護し、猫の多頭飼いしております。2020年、はやとちりから、保護猫との生活を始めた男の日々。あれよあれよ、と、二猫、三猫となり、2020年6月に、四猫となりました。猫との生活、猫の行動、猫の食べ物や病気、等等、保護猫との生活にて感動した事などを綴ってきます。野良猫として生を授かり、保護猫として命を全うしていく、四猫。2022年、都内に戸建て物件を購入し引っ越しをしました。2022年5月31日、五猫となりました。

ご質問:猫を1匹から2匹飼いにして後悔したことはありませんか?

私は、猫との暮らしを10年しており、元々、三猫でしたが、2020年6月に一猫迎い入れて、今日現在で、四猫と暮らしております(あと、妻も1人居ます)

四猫全てが元々野良猫で、保護し、保護猫として生活を共にしております。

保護猫多頭飼いを10年している私が知り得た事や経験した事等を日々更新しております。

ブログの登場ニャン物、人物は、以下記事をご参照ください。

sannekoyonneko.hateblo.jp

猫を飼う前に

今回もご質問を受けましたので、そちらに対してのご返答となります。

ご質問は以下です。

ご質問:猫を1匹から2匹飼いにして後悔したことはありませんか?

いま1匹いるのですが、、迷ってます。

1匹いたらこんなに可愛いのだから、2匹いたらもっと幸せだろうと思うのですが、

実際のところどうなんでしょうか?
思いがけないトラブルはないですか?

それぞれの性格や体調のこととかこんなはずではなかった!みたいなこともあるのかな~とも思います。

もし経験談などあればアドバイス頂けると嬉しいです。もちろん、良かったことでも構いません!

 

ご返答

ご相談者様は、今1匹の猫とともに生活をされていて、2匹目を飼うかどうかでお悩みのようです。

私は、10年前に長ニャン坊クロを保護し、それから2020年9月現在で四猫と、妻と共に生活をしております。

私の場合、

単頭飼いから、多頭飼いにして、後悔した点はない!

と断言できます。

何かの縁があって、私と妻の元にやってきた四猫と今現在生活が出来ていることは、非常にうれしく思っております。

私も妻も、特にこれと言って趣味もなく、休日に何かアクティブにコレをしようっていう事もありませんでした。

そのため、長ニャン坊クロが我が家に来てからは、基本的に、クロ中心の生活スタイルになり、その後、次ニャン坊チビ、三ニャン坊さんた、四ニャン坊たかんぼ、と愛猫が増えていくにつれて、少々のトラブル等はありましたが、愉しく生活を共にしています。

ただ、多頭飼いになり、

こんなはずではなかった!と感じることがないように、私の経験談等を以下に記載させていただきます。

まず始めにお伝えしたいことは、

今1匹の猫に注いでいる、愛情、時間、お金、その他諸々を同等程度、新しく迎い入れる猫に注ぐ事が出来ますか?

という点です。

共に生活をしている猫の数が増えても、自分の使える時間やお金、その他諸々は増えません。

また、それぞれの猫に注ぐ愛情が猫の頭数分の1になるような事が想像できるようであれば、多頭飼いはオススメ出来ません

単頭飼いと多頭飼いの場合のメリット・デメリットという考え方がありますが、メリット・デメリットの前に、今生活をともにしている猫氏に対して向けているモノが、新入り猫を迎い入れたことによって、減ってしまうのであれば、迎い入れるのはやめたほうが良いです。

猫は人間が思っている以上に飼い主の顔色を見ています。元々単独行動をしていた猫ですので、そもそも集団生活には向きません。

我が道を行く

という生活スタイルがDNAに刻まれていると感じることが多々あります。

そのような基本単独行動をする猫が、他の猫氏を受け入れるのがうまくいく場合は非常に幸運であると言わざるを得ません。

 

f:id:sannekoyonneko:20200901084050j:plain

もしかして、TVの都市伝説に出ている、あ〇れる君を意識している??

 

f:id:sannekoyonneko:20200901084035j:plain

そう言わざるを得ません!!

 

f:id:sannekoyonneko:20200901084050j:plain

TVの影響を受けまくってるな・・・

 

我が家の四猫は、幸運なことに

同じ空間でご飯を食べることができる程度の仲にはなりました。

f:id:sannekoyonneko:20200924065634j:image

また、クロと、次ニャン坊チビは、別々の場所で保護しましたので、本当の兄弟ではありませんが、冬になると、

f:id:sannekoyonneko:20200924065835j:image

このような状態で寝る事が多くあります。

このような関係が出来上がるというのは、本当に幸運であると言わざるを得ません。

 

実際のところ、どうですか?

のご質問に対してですが、

四ニャン坊たかんぼを受け入れてから随時書いた以下のブログを参考にしてください。

【三猫から四猫となりました】【たかんぼ初日】【四猫 多頭飼い】 - 保護猫との生活を綴ります

【先住猫と新入り猫】【たかんぼ2日目】【四猫 多頭飼い】 - 保護猫との生活を綴ります

【たかんぼ3日目】【先住猫と新入り猫】【四猫 多頭飼い】 - 保護猫との生活を綴ります

【たかんぼ4日目】【先住猫と新入り猫】【四猫 多頭飼い】 - 保護猫との生活を綴ります

【たかんぼ7日目】【先住猫と新入り猫】【四猫 多頭飼い】 - 保護猫との生活を綴ります

【たかんぼ14日目】【先住猫と新入り猫】 - 保護猫との生活を綴ります

【先住猫と新入り猫】【四猫になって23日目】【四猫 多頭飼い】 - 保護猫との生活を綴ります

【先住猫と新入り猫】保護猫多頭飼い 四猫になって40日が経過しました。 - 保護猫との生活を綴ります

保護猫 多頭飼い 四猫になって3か月が経過しました - 保護猫との生活を綴ります

 

f:id:sannekoyonneko:20200901084050j:plain

迎い入れて数日間は、この先どうなることか、と本当に心配したよね

 

f:id:sannekoyonneko:20200901084035j:plain

そうね、1週間程度は家の中の空気、雰囲気がピりついていたよね。ご飯をいつもの猫部屋で食べなくなったり、と。

 

猫氏が増える毎に、掛かるお金も増えます。

猫氏に掛かるお金に関しては過去書いた以下のブログを参考にしてください。

sannekoyonneko.hateblo.jp

猫の平均寿命は、およそ15歳です。20歳を超える長寿猫も実際にいるようですので、この先、15年とか20年とかの年月でお金のことは考えておいた方が良いとおもいます。

トイレの失敗をするようになるかもしれません。

何が原因か、追究出来ておりませんが、我が家では実際にトイレの失敗が起きるようになりました。三猫の時は殆どそんなことは置きませんでしたので、対策を何個も打ち、多少落ち着いた状況です。

sannekoyonneko.hateblo.jp

 

新入り猫を迎い入れるにあたって準備も必要です。

そのことについて書いたブログは以下をご覧ください。

sannekoyonneko.hateblo.jp

 

嬉しかったこと、愉しかったこと

四猫それぞれが違った性格をしているので、その猫氏それぞれが喜ぶポイントを探し出し、愛猫達が楽しそうに嬉しそうにしているのを愛でている時は何物にも代えがたいです。

これは、クロだけしかいなかった時もそうですし、四猫居る今現在も変わりません。

猫氏の数が増えれば増えるだけ、喜び愉しみも増えたのは事実です。

 

あなたにも素晴らしい猫猫ライフが訪れることを願って。

 

過去受けたご質問に対してのご返答

猫の多頭飼いの相談を受けた際にまとめた記事は以下です。合わせてご覧ください。

【猫 多頭飼い 相談】【四猫 多頭飼い】 - 保護猫との生活を綴ります
【猫の多頭飼いの悩み】【四猫 多頭飼い】 - 保護猫との生活を綴ります

 

2021/06/26 【猫 二匹目 後悔】という検索クエリにてアクセスが増えてきました。

そのことについて投稿しました。

sannekoyonneko.hateblo.jp

 

2021/10/25 複数の猫を一緒に飼う多頭飼いの場合、各々の猫がストレスを感じないようにするためには?

について、投稿しました。

sannekoyonneko.hateblo.jp