保護猫との生活を綴ります

元野良猫を保護し、猫の多頭飼いしております。2020年、はやとちりから、保護猫との生活を始めた男の日々。あれよあれよ、と、二猫、三猫となり、2020年6月に、四猫となりました。猫との生活、猫の行動、猫の食べ物や病気、等等、保護猫との生活にて感動した事などを綴ってきます。野良猫として生を授かり、保護猫として命を全うしていく、四猫。2022年、都内に戸建て物件を購入し引っ越しをしました。2022年5月31日、五猫となりました。

【たかんぼ3日目】【先住猫と新入り猫】【四猫 多頭飼い】

四猫

 

四ニャン坊たかんぼが来て、今日で3日目です。

 

youtu.be

 

昨日は妻が一日自宅に居ましたので、今日初めて、家には四猫のみ昼間家に居ることになります。

 

予想に反して、三ニャン坊さんた、が、一番たかんぼに対して興味を覚えているようです。

興味を持っているのであれば良いのですが、1点気になる事があり。

さんたのパーソナルスペースが3階になっていたのではないか?という事。普段、長ニャン坊クロ、次ニャン坊チビは1階、もしくは2階にいることが多いのですが、さんたは、3階にいることが多い。

その3階に、たかんぼが居るので、自分の居る場所が見当たらない!!って感じていたら、これは大変です。

ただし、昨日の夜、クロもチビもさんたも、ご飯をモリモリ食べて、かつ、今日の朝、起こす事はなかったですが、いつものルーティーンである、早朝ご飯をクロとさんたは2階で食べてました。

トイレも2階に戻しましたが、全員がトイレでちゃんとしているみたいです。

年齢の近い先住猫と新入り猫、どうなる??

 

帰宅後、三猫は、1階に勢ぞろいしておりました。

東京は今日は30度近く暑くなったので、もしかすると、1階が一番涼しかったのかもしれません。

ご飯もほとんど食べてませんでした・・・

たかんぼは、段ボールハウスにうまくはまり込んで寝ており、私の顔を確認すると、

にゃぁ

となきます。

妻が返ってくるまで、ゲージからだしてみます。

3階はもう知り尽くしたかのように、ゆっくり足ではありますが、部屋の隅々を練り歩きます。

また、ベランダの外が気になるようで、窓のサッシに上って、一所懸命外を見てました。

 

試しに、チビを3階に抱きかかえて、たかんぼ、を見せてみます。

シャーッって言います。そして、猛ダッシュで2階へ降りていきます。

ご飯前に、クロを抱きかかえて3階へ連れていきます。3階に上がっている途中でもうすでに、シャーッって言います。

 

まだまだ、先は長そうです。