保護猫との生活を綴ります

賃貸戸建て物件で猫の多頭飼い。野良猫を保護し、10年が経過し三猫、2020年6月7日から四猫となりました。

【猫に必要な栄養素】【四猫 多頭飼い】

猫 ご飯 必要な栄養素

猫のご飯は、無添加,グレインフリーのを試しに購入し、食べ比べをしてます。

猫に必要な栄養素は、なんなのか、調べてまとめてみました。

 

たん白質
猫に必要な必須アミノ酸は全11種。特に動物性たん白質に含まれる必須アミノ酸のひとつであるタウリンは、猫に欠かせない栄養素。体内で合成できないので食事から摂る必要がある。

ミネラル
カルシウムなどの多量ミネラルと、鉄などの微量ミネラルがあり、各ミネラルの摂取バランスが重要。特に多い尿石症にはミネラルバランスを調整し、尿のph値をコントロールする。

ビタミン
体内ではほとんど合成されないため食事から摂取する必要がある。また猫は野菜に含まれるカロチンを分解できないので、ビタミンAも動物性食品から摂らねばならない。

炭水化物
エネルギー源となるデンプンと、腸内環境を整えたり、排便に利用される繊維質とに分類されるが、猫はデンプンを分解する消費酵素が少なくデンプンの消化吸収があまり得意ではない。

脂質
主にエネルギー源となり、必須脂肪酸の供給や生理機能の維持などを担う。猫は不飽和脂肪酸のひとつアラキドン酸を含む肉や魚が欠かせない。


細胞や血液、リンパ液の構成要素で、身体の60%〜70%を占める重要な成分。水分不足は様々な障害を起こし泌尿器疾患のリスクも高める。15%〜20%の脱水で死に至ることも。


猫のご飯、フードに含まれている主要栄養素は、たん白質・リジン・メチニオン・脂質・リノール酸・カルシウム・リン・亜鉛・ビタミンA・ビタミンB2・タウリンなどですが、たん白質・脂質・粗繊維・灰分・水分の5成分については表示が義務付けられています。
猫は人間と違い、ビタミンAタウリンを体内で作ることが出来ないので、タウリンを十分に含んだご飯を与える必要があります。タウリンは魚介類や動物の内臓に多く含まれています。

猫のご飯に含まれる三大栄養素は、脂肪20%・たん白質35%・炭水化物45%となっております。
猫のご飯の食べ比べ、検証中ですが、以下は口コミもよく、また、お試し、定期購入でお値引き、初回お値引き等があります。
ご参考までにご覧ください。公式サイトをリンク貼っておきます。

 

公式サイト:ドイツ製、無添加キャットフード【HAPPY CAT】

公式サイト:シンプリーキャットフード

公式サイト:世界中から高い評価を受けるペットフード オリジン

公式サイト:定期お届け便【ピュリナ ワン キャット】

公式サイト:VISIONSの無添加国産キャットフード - visions(ヴィジョンズ)-

公式サイト:ジャガーキャットフード

公式サイト:プレミアムキャットフード『モグニャン』

公式サイト:GRANDS(グランツ)
グレインフリーのプレミアムキャットフード

 

 

また、タウリンを含んだ猫のご飯はなかなか見つからないようで、タウリンは、サプリからの摂取が良いようです。タウリンを含んたサプリサイトの公式サイトを以下に貼っておきますので、ご参考までに。

公式サイト:愛猫の健康管理に!【毎日健心 コエンザイムQ10&フランス海岸松】

 

また、随時更新中ですが、グレインフリーと言われている猫のご飯を食べ比べしたのを纏め記事として掲載しております。

sannekoyonneko.hateblo.jp