保護猫との生活を綴ります

元野良猫を保護し、猫の多頭飼いしております。2020年、はやとちりから、保護猫との生活を始めた男の日々。あれよあれよ、と、二猫、三猫となり、2020年6月に、四猫となりました。猫との生活、猫の行動、猫の食べ物や病気、等等、保護猫との生活にて感動した事などを綴ってきます。野良猫として生を授かり、保護猫として命を全うしていく、四猫。2022年、都内に戸建て物件を購入し引っ越しをしました。2022年5月31日、五猫となりました。

四ニャン坊たかんぼは寝ててもおしゃべり好き??

ネンネする時に、私のそばには、四ニャン坊たかんぼが居ます。前回の記事

sannekoyonneko.hateblo.jp

で触れましたが、起きている時だけではなく、寝ている時も、たかんぼはよくしゃべります。

愉しそうに、くぅくぅと言ってみたり、にゃにゃって言ったみたり、と。

人間のように、猫も寝言を言うのでしょうか?気になったのでいつものように調べてみました。

猫 寝言

四ニャン坊たかんぼは寝ててもおしゃべり好き

 

猫は寝言を言う??

結論

猫は寝言を言います。猫は、野生時代の名残で、一日のうちの大半(およそ2/3)を寝て過ごします。眠っている間は、

・深い眠りのノンレム睡眠

・浅い眠りのレム睡眠

を繰り返しますが、殆どの時間は、レム睡眠で構築されています。

野生の猫は、敵に襲われる可能性もあり、敵の攻撃にすぐに気付くように、レム睡眠を繰り返す傾向が強くなるようです。

このレム睡眠の際に、猫は寝言を言います。

身体が眠っていて、脳が起きている状態のレム睡眠の状態になると、人間と同様に、夢を見ているというのです。遊んでいたり、獲物を追いかけたりしている夢を見ていると、寝言のボリュームも大きくなるようです。

 

寝言によっては注意が必要??

  • シャーなどの叫ぶような寝言を発している
  • 寝言を言いながら痙攣をしている
  • いびきをかいている

これらが見受けられた際には注意が必要のようです。

今のところ、たかんぼは、このような寝言は言いませんが。

起きてても寝ててもとにかく、おしゃべり好きなたかんぼ。

こんなにおしゃべり好きなのは、猫人生私も初めてなので、何を言っているのか、がもっと理解出来るようになったら、それはそれで愉しい猫との生活になるのでしょう。