保護猫との生活を綴ります

元野良猫を保護し、猫の多頭飼いしております。2020年、はやとちりから、保護猫との生活を始めた男の日々。あれよあれよ、と、二猫、三猫となり、2020年6月に、四猫となりました。猫との生活、猫の行動、猫の食べ物や病気、等等、保護猫との生活にて感動した事などを綴ってきます。野良猫として生を授かり、保護猫として命を全うしていく、四猫。2022年、都内に戸建て物件を購入し引っ越しをしました。2022年5月31日、五猫となりました。

四猫の事情~くっついたり、取っ組み合ったり~

四猫との生活を始めてはや何年でしょうか?

2020年6月に四ニャン坊たかんぼを我が家に迎え入れてから四猫になりましたので、そろそろ2年が経過します。

元々三猫だった際には、三ニャン坊さんただけ、一人でネンネしていることが多く、専ら長ニャン坊クロと次ニャン坊チビが一緒にネンネしているという光景を見かけることばかりでした。

そこに、たかんぼが四ニャン坊として入ってきて、我が家の猫社会にも変化が生まれました。

たかんぼを迎え入れた直後はホントに家の中がピリついていました。

sannekoyonneko.hateblo.jp

もしかしたら、相当長い期間、慣れないかとも思っていました。

ただ、少しずつではありますが、四猫それぞれが存在を認め合って、諦め合って、今では四猫が比較的近くでネンネしているという事も多くなってきました。

四猫が勢ぞろい

四猫が勢ぞろい

次ニャン坊チビと四ニャン坊たかんぼ、くっついてネンネなのね。

次ニャン坊チビと四ニャン坊たかんぼ、くっついてネンネなのね。

三ニャン坊さんた、たかんぼとくっ付いてネンネなのね。

三ニャン坊さんた、たかんぼとくっ付いてネンネなのね。

クロはやっぱりチビと一緒が良いみたいね

こんな瞬間も数多く見かけるようになりました。

毎晩、21時頃ですが、四猫で運動会、相撲大会が始まったりもします。

暫くすきにさせて居ますが、四猫の声を聴きながら、適当なタイミングで引き離します。

きっかけは大体次ニャン坊チビが、他の三猫にふっかけて始まっていますので、そんなときにはチビを引き離して、バスルームなどに隔離をしていると落ち着きます。

暖かくなってきましたし、休日には、ベランダで四猫がひなたぼっこ、そんな時間も増えてきそうです。